■平成25年度 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月・3月

3月(弥生)
3月1日
講演会
講演会
三重の縄文文化というテーマでお話いただきました。
講師は三重県埋蔵文化財センターの田村さんです。
  3月10日
企画展「中津式」撤収
中津式撤収
1月からスタートした企画展もとうとう終了です。
次々と梱包され,お昼ごろにはこの状態に。

  3月8日
東海縄文研究会
縄文研
第一線の研究者が集まる研究会が開かれました。
3月21日
速報展スタート
速報展
速報展スタートしました。
展示資料数約240点というかなりの点数の展示となりました。
写真は宮ノ前遺跡の出土遺物です。
 





 


2月(如月)
2月2日
入門講座
入門講座
木製品と古代のくらしというタイトルでお話いただきました。
鍬の復元品を手にお話されています。
土器と比べると木製品を取り扱う機会はぐっと少ないため,貴重なお話しをうかがうことができました。
  2月14日
大雪
雪の博物館
未明から振り出した雪でご覧のとおりの雪景色となりました。
これだけ降るのは三重では数年に1度程度です。
   
 雪の博物館
雪国かと思うような一面の銀世界です。
2月15日
かまくら出現!かまくら
一夜明け,博物館の駐車場にはこんなステキなかまくらが残されていました。
駐車場の大量の雪を使って作られたらしく,子どもなら二人くらいは入れそうな立派なものです。
  2月中旬
梅の開花始まる
梅
雪に負けず紅梅が開花し始めました。白梅のつぼみもかなり膨らんでいます。
春まつりまであと一週間。どこまで開花するか楽しみです。

  2月21日
もう少し・・・
梅
春まつりまであと2日・・・
やはり,この間の寒さが影響しているようです。
2月23日
春まつり春まつり
弓矢体験コーナーです。
今年も大人気でした。
   
 折り紙
もうすぐひな祭りということで,お雛様の折り紙です。
   
 縄文
企画展「中津式」にちなんで磨消縄文の体験講座です。
2月23日
春まつり合唱
鈴鹿市在住の作詞家による作品「津坂治男 詩の世界」を披露していただきました。
その他にも,春にちなんだ曲を歌っていただきました。
   
 火おこし
春まつりでは,考古博物館サポート会と国分町ボランティア隊のみなさんも大活躍しました。
各コーナーで指導なども担当していただきました。
  2月26日
 梅の花
博物館の梅もずいぶん開いてきました。
3月2日には国分の「天神さん」(菅原神社)の梅まつりがあります。

1月(睦月)
1月7日
ケーブルテレビの番組収録
CNS収録
上箕田遺跡と白鳥塚古墳に関する2番組の収録が考古ラボで行われました。
どちらも鈴鹿市内にある主要な遺跡です。
  1月10日
企画展展示作業
企画展展示作業
開催前日の特別展示室の状況です。
やっと展示の全貌が見えてきました。

  1月11日
企画展オープン企画展看板
企画展初日はとてもいい天気に恵まれました。
今回の看板は職員手作りです。博物館の敷地にある竹と,市内の事業所からいただいたコーヒー豆の麻袋でできています。
1月中旬
企画展の取材
取材
企画展がオープンし,新聞社やテレビ局から取材に来ていただきました。
ありがとうございました。
  1月18日
講演会「中津式のデザイン」
中津式のデザイン
企画展関連講演会の1回目です。
奈良文化財研究所の石田由紀子さんに御講演いただきました。

  1月24日
出前講座出前講座
津市の育生小学校におじゃましました。
3年生の子どもたちと保護者の方で協力して勾玉を作りました。
1月25日
とんぼ玉を作ろうとんぼ玉
毎年人気の講座です。
こんなステキなとんぼ玉ができあがりました。

12月(師走)
12月
節電
節電
館内では節電を実施しています。
最近は感知式の節電対応の電灯なども普及してきていますが,そこは築15年の施設のこと,基本的に職員の手で切り替えを行っています。
お客様の入館と同時に点灯いたしますので,どうぞ御理解ください。
  12月下旬
企画展準備
企画展準備
1月早々からの展示のため,展示室の準備が急ピッチで進んでいます。
今月中に展示室を整えて,年明けは資料の借り出しと展示作業にあてます。

  12月27日
大掃除大掃除
長期休館を利用して普段はなかなか行き届かない部分も徹底的に清掃しました。
あまり展示替えをしていないコーナーのケース内などもこの機会にお掃除!

11月(霜月)
11月5〜8日
神戸中学校職場体験学習
埴輪の整理
5日〜8日まで地元の中学生が職場体験にやってきました。
カケラとはいえ,実物の埴輪や土器を手にしてちょっとドキドキ
   
 
発掘体験
かなり状態のよい弥生土器が出土!こんなのがみつかったら気合の入り方も変わります。
結局,2人は当初の予定を1時間延長して作業を続けました。

  11月17日
寺院官衙シリーズ講演会講演会
但馬国府・国分寺を探るというタイトルでお話いただきました。
講師は但馬国府・国分寺館の前岡さんです。
11月25日
特別展撤収
特別展撤収
早いもので,約2ヶ月の会期も終わり撤収の日となりました。
所狭しと並んだ資料がどんどん梱包されていきます。
  11月26日〜12月5日
特別展資料返却
返却
資料の返却であちこちの博物館・資料館・埋文センターなどにおじゃましました。
いろいろな情報を教えていただける貴重な機会でもあります。

 
返却
どの館にも見てみたい資料はいっぱいあるのですが・・・
資料返却中ですので,ぐっと我慢して次の返却先に向かいます。

10月(神無月)
10月
企画展準備中
企画展準備中
特別展スタートの裏側では,次の企画展の準備が続いています。
  10月1日
今月のグリーンカーテン
グリーンカーテン
10月なのにまだまだ暑い日が続いてます。
もう少しがんばれ!グリーンカーテン
  10月24日
下旬のグリーンカーテングリーンカーテン
台風が過ぎ,気温がぐっと下がりました。
夏場に頑張ってくれたグリーンカーテンもそろそろ終了です。

9月(長月)
夏休み子ども体験博物館と企画展が終わり,特別展とお月見ミュージアムコンサートに向けて連日大忙しでした。
9月12日
企画展資料返却
資料返却
借用時に記入した資料カードを見ながら状態を確認して返却します。担当者の緊張が最高潮に達する時間です。
  9月14日
灯篭作り
灯篭作り
サポート会のみなさんが集まって,21日のお月見に使う灯篭を作りました。
手際よく竹が組まれていき,大きな灯篭が次々とできあがりました。
  9月4〜19日
特別展資料借用
資料借用
特別展の準備もいよいよ大詰めです。
写真は,今回の展示資料中最も大きな船形埴輪のレプリカを梱包しているところです。
9月21日
特別展スタート
特別展
特別展が始まりました。
岸岡山で古墳時代に焼かれたと考えられる「脚付短頸壺」と呼ばれる器がたくさん里帰りしています。窯跡及び各地の出土資料を比較してみる絶好のチャンスですので,ぜひこの機会にお越しください。
  9月21日
お月見ミュージアムコンサート
お月見1
昨年は台風でやむなく中止となりましたが,今年はよく晴れた日になりました。
サポート会さん,国分町ボランティア隊のみなさんによって,次々と灯篭が設置されていきます。
 

お月見2
博物館入口の通路脇にも灯篭が並べられ,あっという間に舞台も設営完了です。


お月見3
地元国分町のみなさんや,清和小学校の児童のみなさんなど,たくさんの方に灯篭をつくっていただきました。
 

お月見4
日も暮れて,たくさんの方に手作りしていただいた灯篭が美しく浮かび上がりました。
 

お月見5
お月見らしくススキを使った素敵な生け花が華を添えています。このお花は,今年も嵯峨御流敷寿会司所服部司所長さんと生川さんの御協力で生けていただきました。


お月見6
恒例の天体観望会は子どもたちに人気のコーナーです。
 

お月見7
コンサートは鈴鹿少年少女合唱団の透明な歌声で幕を開けました。
 

お月見8
月にちなんで竹取物語の朗読です。語り手は細川ひとみさんでした。


お月見9
そして,クライマックス!山下真理さんのマリンバ・ヴィブラフォンの演奏で幕を閉じました。
 9月28日
特別展関連講演会
講演会
日本福祉大学名誉教授の福岡猛志さんに「三河湾と伊勢湾」というタイトルで御講演いただきました。
特別展の展示内容をお話の中にずいぶん盛り込んでいただきました。
時折スパイスの効いた語り口で,2時間の講演があっという間に過ぎました。

8月(葉月)
8月中は夏休み子ども体験博物館のイベントで連日大賑わいです。スペシャルメニューのいくつかの様子を紹介します。
8月8日
虫かごづくり
虫かご
定番となりました麦わらで"虫かごを作ろう"体験です。
  8月11日
エンペラーと遊ぼう
ロボット
鈴鹿高専のロボット"エンペラー"の実演です。
  8月14日
竹ざるを作ろう
竹ざる
今年度から新メニューとして竹工作の2講座が加わりました。
8月17日
垂飾付耳飾りを作ろう
耳飾り
ハート形の飾りを銀の兵庫鎖で垂らしたイヤリングを作りました。
  8月21日
発掘体験
体験発掘
博物館から徒歩15分ぐらいのところにある磐城山遺跡で発掘調査体験を行いました。
  8月23日
染め物
草木染め
植物染料での染め物です。写真は2日目の紅花染めの様子です。

7月(文月)
7月3日
三重テレビ取材!
三重テレビ取材
三重テレビさんの「とってもワクドキ」の取材です。8月5日に放送されます。
放送当日は,館長が生出演の予定です。
  7月3日
企画展の資料借用
資料借用
7月3日は大忙しの日でした。
企画展の準備もいよいよ大詰め。企画展担当者は,美術品輸送の業者さんと資料の借用です。
丁寧に梱包して,美術品専用のトラックで運びます。
  7月8日
グリーンカーテン成長中!
グリーンカーテン
とうとう窓枠の一番上まで伸びました。
次は横に広がりますように・・・
7月13日
企画展オープン
企画展看板
看板も玄関に立てられ,いよいよ企画展「小さきものたち-にんぎょうのれきし-」オープンです。
  7月13日
NHK取材
NHK取材
この日はNHKさんが取材にみえました。
この時の映像はニュースで放映されました。
  7月15日 
企画展関連講演会 
企画展関連講演会
「古代の祭りとひとがた」というタイトルで,斎宮歴史博物館の船越重伸さんにお話しいただきました。
今回はとてもたくさんの御質問がありました。船越さんの柔らかい人柄によるものでしょう。
 
7月15日
珍客来館!?
かわせみ
博物館の玄関先でぼんやりしているカワセミをお客様が見つけました。
近づいてもまったく逃げず,指をさしだすと枝と間違えたのか指にとまりました。
どうも博物館の玄関のガラスにぶつかって,目を回していたようです。
10分ほどでわれにかえって,飛び立っていきました。
  7月17日
グリーンカーテン
グリーンカーテン
前回の撮影から10日足らず。あっという間に中央部分にも蔓が伸びてきました。
部屋の中もとても快適な室温に保てるようになりました。
  7月24日 
竹笛作り 
竹笛
子ども体験博物館2日目です。
今日はとてもたくさんのお客様に来ていただきました。
作ってくれたみんな!きれいな音,出るようになったかな?
 
7月25日
縄文時代の布を作ろう
アンギン
時間がかかるので,根気の良さがきれいに仕上げるポイントです。
間違えないように,それぞれ工夫をして作りました。
  7月26日
耳飾形ストラップを作ろう
兵庫鎖
鈴鹿市内で出土した保子里1号墳の耳飾りの鎖部分を作るのがメインの講座です。
銀の輪を組み立てて作ります。
細かい作業ですが,みんな頑張りました。
  7月24日 
土笛作り
土笛
子ども体験博物館土笛作りの様子です。
乾燥させて,焼きます。夏休みの終わりごろ完成予定です。
ビンやペットボトルで鳴らす練習しといてね。
 

6月(水無月)
6月
メダカ再登場!
エントランス前メダカ鉢
冬以降バックヤードに引っ越していたメダカたちが,またエントランス前の広場に登場しました。
みんな,会いに来てね!
   
 
エントランス前メダカ鉢
親メダカの他にもとっても小さな子どもメダカもいます。
   
今年もグリーンカーテン登場!
グリーンカーテン
5月に植えたゴーヤ・ヘチマ・ヒョウタンもずいぶん成長しました。
窓を全部覆うぐらい立派に成長するのが楽しみです。
6月9日
当館学芸員によるスライド説明会 
スライド説明会1
磐城山遺跡についてです。
たくさんの竪穴住居が印象的な遺跡です。
今年度も隣接部分を調査予定です。
   
 
スライド説明会2
平野遺跡
狭い調査範囲ながら,竪穴住居や道路遺構など盛りだくさんな遺跡でした。
  6月23日 
第1回寺院官衙シリーズ講演会 
寺院・官衙シリーズ

「聖武天皇と河内の寺」というタイトルで,柏原市市立歴史資料館館長の安村俊史さんにお話しいただきました。
講演中に紹介のあった河内国分寺塔跡・鳥坂寺の金堂は全国1残りの良い遺構で知られています。
 

5月(皐月)
5月
学校利用
館内見学
1日2日は連休の中日ということもあり,たくさんの小学生が学校行事で来てくれました。
   
 
昼食風景
お弁当は広〜いガイダンス広場で,いただきま〜す。
   
 
館内見学
鈴鹿市って遺跡いっぱいあるなぁ
学校や家の近くにもあるかな?
 
 
館内見学3
なんで底に穴あいとんの?
何に使ったんやろ???
   
 
勾玉づくり
サポート会のみなさんも指導や館内の解説に駆けつけてくださいました。
   
 
館内見学4
写真の遺跡が,実は博物館の前庭や駐車場にあると知ってびっくり!
 
 
 
勾玉づくり2
天気がいいので,正面玄関前の広場で勾玉を磨きました。
   
 
館内見学5
足元にも解説が!
わかったことはその場で書いとかなきゃ!
   
 
帰り
路線バスを利用して来た学校もあります。
今から国分バス停まで約20分歩きます
 
12日
入門講座 
講演会1
奈良文化財研究所の馬場基さんに「奈良時代の食と器」というテーマでお話いただきました。
軽妙な語り口にお客様も思わずニヤリ。お見せできないのが残念です。
  18日
スライド説明会スライド説明会1
速報展関連企画としてスライド説明会を行いました。
門山遺跡と木曽田遺跡について解説しました。
   
 
スライド説明会2
どちらの遺跡も現地での説明会ができなかったため,初公開の現場写真満載の説明会となりました。
 

4月(卯月)
4月1日
フォト・ポイント設置
フォト・ポイント
無料観覧エリアに記念撮影ポイントを設けました。現在は鈴鹿市岸岡町「天王遺跡」出土の須恵器甕をバックに撮影していただけます。御来館の記念にいかがですか?
  4月6日
サポート会総会・研修会
研修会
サポート会の総会と研修会を兼ねた講演が行われました。三重県埋蔵文化財センターの小原さんが「発掘 鈴鹿市鈴峰の中世集落―釜垣内遺跡の発掘調査」という内容で語られました。
  4月11日
新採研修
新採
鈴鹿市の新規採用職員が施設見学に訪れました。速報展では鈴鹿市が行う開発に関連する発掘調査の展示も行われているため,特に関連する部署に配属される職員にとっては感じるものがあったようです。
4月23日
出前授業
出前授業
本年度も出前講座が始まっています。校区周辺の遺跡のお話と勾玉づくりを組み合わせた内容が好評です。
また,博物館見学時の理解を深めるために,出前講座を事前学習として利用される学校も増えています。
  4月27日
博物館花だより
博物館とつつじ
博物館周辺のつつじが咲き始めました。連休後半頃には見頃となりそうです。
 

博物館あれこれバックナンバーへ
ホームページに戻る