博物館あれこれ
■平成24年度 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月

3月(弥生)
3月3日
春まつり
演奏 ミュージアムコンサートとしてジルフェさんのライアー(竪琴)の演奏ほか,縄文体験として弓矢体験やイノシシシカ肉の料理販売などを行いました。
  3月22日
速報展
国分寺 「発掘された鈴鹿2012」です。今回の目玉は門山遺跡出土の伊勢型二重口縁壺で,マニアの方はさっそく底部の穿孔を覗きこんでおられました。
  3月23日
入門講座
入門講座 愛知県埋蔵文化財センターの早野さんに「土師器からみた古墳時代」をテーマにお話ししていただきました。

2月(如月)
2月17日
ぼや騒ぎ
火事 博物館の西の畑で枯れ草火事があり,7台も消防車が駆け付ける騒ぎになりました。館の敷地には影響は有りませんでしたが,乾燥しきっているこの時期,火の元には注意したいものです。 
 
  2月26日
国分寺跡
国分寺 国分寺跡の整備がずいぶん進みました。作業しているのは金堂跡の基壇の盛土です。後ろは講堂跡。こうして見ると規模の大きさに圧倒されます。
  2月26日
梅開花
梅 博物館西のガイダンス広場の梅がようやく花開きました。昨年に引き続き遅れ気味の開花です。

1月(睦月)
1月12日
企画展
企画展 企画展「北勢の古代瓦と寺院」が始まりました。もうすぐ国分天神の梅の花でにぎわいますが,古びた蓮華(ハス)の花模様もあわせてどうぞ。
 
  1月19日
講演会
講演会 近畿大学の大脇潔先生に「瓦から解き明かす北勢の古代寺院」と題してお話しいただきました。
  1月26日
とんぼ玉を作ろう
とんぼ玉 恒例のとんぼ玉作りです。今回も予約がいっぱいになりました。

12月(師走)
12月5日
資料返却
資料返却 特別展の資料の返却で東京国立博物館に来ています。借用品に異常がないことをチェックしていただいています。
 
  12月12日
勾玉作り
勾玉作り 三重大学国際交流センターの留学生一行が見学と勾玉作りの体験に来てくれました。
  11月19日
ゆるキャラ
ゆるキャラ 鈴鹿市社会福祉協議会の方が市内施設をfacebookに紹介するということで取材に来られました。鈴と鹿をモチーフにしたゆるキャラが展示を見学する様子です。

11月(霜月)
11月17日
特別展関連講演会
関連講演会 特別展関連講演会の第2回目は,立命館大学教授の和田晴吾先生に,「東アジアと古墳文化の大変革」というテーマでの語っていただきました。
 
  11月18日
みえ生涯学習ネットワーク交流会
地域学フェス 津市の三重県総合文化センター・三重県男女共同参画センターで開催された みえ生涯学習ネットワーク交流会「地域『学』フェスティバル」に参加して,国分寺跡のミニ展示と伊勢型紙しおりづくりを行いました。
   
 

10月(神無月)
10月20日
入門講座
入門講座 入門講座の第1回目は当館の田部さんによる考古研究者側からみた科学的年代測定法の話でした。
 
  10月21日
ドングリ1
 博物館の周囲の植栽はドングリ類を中心に構成されています。マテバシイはもうかなり実を落としてしまいましたが,シイ類はそのまま食べることができるドングリです。
  10月21日
ドングリ2
ドングリ 博物館前の築山のスダジイです。虫害と台風にやられて木の見栄えは良くないですが,まあまあ実が付いています。生でも煎ってもおいしく食べられるドングリです。
10月21日
ドングリ3
 こちらはシラカシで,縄文人にならってしっかりあく抜きをしなければ食べることはできませんが,実は鈴なりです。ドングリ拾いに是非どうぞ。
 
  10月上旬
タヌキ
タヌキ  木の実や虫が豊富なためかガイダンス広場周辺にタヌキが住みついています。ちょっと痩せすぎで,らしくは無いですが。
   

9月(長月)

9月9日
カゴを編もう
カゴ編み 好評の体験講座”つるでカゴやランプシェードを編もう”です。
 
  9月12日
職業体験
 地元の中学校から3名が職業体験に来てくれました。勾玉材料の加工を手伝ってもらっています。
 
  9月12日
サテライトミュージアム
サテライトミュージアム 河曲公民館の一角をお借りして八重垣神社遺跡の発掘成果についてミニ展示を設けました。
9月12日
観月会リハ
観月会リハーサル 30日の十五夜観月会・ミュージアムコンサートにむけて舞台や椅子のセッティングの確認をしました。サポート会や地元国分町手作りの灯火など準備は万端でしたが,本番は台風の直撃で中止となってしまいました。残念。
 
  9月29日
特別展
特別展 市制70周年記念特別展のオープンです。今回は市内出土で各地の博物館や個人が所有されている優品をできるだけ集めてみました。
  9月30日
関連講演会
講演会 29日にオープンした特別展の関連講演会です。鈴鹿市文化財調査会の伊藤久嗣さんに「鈴鹿の考古楽」という題で地元の遺跡の特色について熱く語っていただきました。

8月(葉月)

8月8日
グリーンカーテン
グリーンカーテン 出遅れ気味にスタートしたグリーンカーテンがここまで成長しました。左からヘチマ,ヒョウタン,ゴーヤです。
 
  8月9日
耳飾りをつくろう
 保子里1号墳から出土した金垂飾付耳飾にも使われている兵庫鎖の技術を使ってアクセサリーを作りました。
 
  8月11日
虫カゴを作ろう
虫かご麦わらを折り曲げながら組み上げていく昔懐かしい工作です。デザインにも優れているので大人の方もやってみたいという声をよく聞く,人気の講座です。
8月12日
蓮池
蓮池 玄関先を涼しくしようと,ベンチ前によしずの日陰と蓮池を作りました。風鈴が爽やかに鳴り,メダカやカエルも泳いでます。
 
  8月19日
遺跡見学会
現地説明会 現在発掘調査中の磐城山遺跡の見学会です。体験発掘も行い,土器が顔を出し始めると「もっと掘りたい」という声が上がっていました。
 
      

7月(文月)

7月18日
資料借用
借用 今回の企画展の資料借用は3日間です。この写真は個人の方が所蔵しておられる三重県指定文化財の一品ですので,緊張します。
 
  7月20日
企画展前夜

 何とか資料とキャプションをセットして準備が整いました。
  7月21日
講演会
講演会
 田原本町総合政策課の豆谷和之さんに「弥生土器のミカタ」というテーマで講演していただきました。ご自身が伊勢出身で実家は伊勢うどん屋という紹介から,いかに考古学を志したかというお話しの中で藤森栄一や森本六爾といった弥生研究史へと流れを持って行くなど,大変聴きやすくかつ熱い話に皆さん引きこまれておられました。

6月(水無月)

6月17日
入門講座
入門講座
 三重県教育委員会事務局の竹内英昭さんに「瓦で推理する三重のオモシロ古代」というテーマでお話しいただきました。いつもながら,講演後の質疑応答が盛り上がっていました。
  6月12日
三重県博物館協会

 三重県博物協会の総会が当館で開催されました。
  6月20日
資料調査
資料調査
 大阪府文化財センターへ資料調査です。ずらっと弥生土器を用意し観察させていただくと,実測図や写真で予想しているのとは格段の違いがあります。ただし,扱いを損ねたら大ごとなので緊張感maxです。

5月(皐月)
5月9日
出前授業(1)
出前授業
 四日市市の八郷西小への出前事業です。キャリア教育に力が入れられているそうで,この仕事を選んだ理由?とか博物館で働くことは?といったインタビューのコーナーもありました。
  5月13日
スライド説明会
スライド
 昨年度調査を行った伊勢国府跡など3遺跡の成果について,調査担当者が解説を行いました。
  5月17日
出前授業(2)
出前
深伊沢小学校での出前事業です。校区内で発掘された弥生土器などに触ってみる体験もしてもらいました。

4月(卯月)
4月7日
サポート会総会
総会
サポート会の総会が行われました。新入会員には愛知県在住の方もおられるようです。
  4月7日
サポート会研修会
研修会
総会の後は研修会を兼ねた講演が行われました。斎宮歴史博物館の新名さんが「斎宮発掘最前線〜「いろは歌」墨書土器と斎宮」という内容で語られました。ニュースで話題となった遺物に関する話とあって,会員だけでなく多くの方々に聴講していただきました。
  4月12日
新採研修
新採
鈴鹿市の新規採用職員が施設見学に訪れました。小学校の社会見学で当館に来て勾玉を作った覚えがあるという新人もいて,開館から14年という時を感じます。
4月13日
出前授業
郡山小
 出前授業として郡山小学校にお邪魔しました。学校周辺の郡山遺跡群の土器を見せ説明したあと,勾玉作りを行いました。
4月24日
出前授業(2)
清和小
 清和小では,火起こし体験を行いました。
 

博物館あれこれバックナンバーへ
ホームページに戻る