■平成22年度
4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
3月(弥生)
3月6日
遺物写真撮影会
遺物写真
遺物写真撮影を名目に,考古遺物に身近に触れていただこうという新企画です。参加は3名でしたが,その分時間をかけて巫女埴輪・土師器の壺や国分寺の軒瓦などこだわりの写真を撮られていました。
  3月16〜18日
速報展展示
展示作業
企画展の撤収・資料返却が終わるやいなや,直ちに速報展「発掘された鈴鹿2010」の展示作業です。2010年の調査でも大きな成果がいくつかありましたが,見栄えのする遺物の出土という点では恵まれなかったため構成に苦労しました。
  3月19日
入門講座「古墳を調査するということ」
入門講座
今回は前期古墳の調査をテーマに,大垣市の国史跡昼飯大塚古墳の調査・整備に携わってこられた中井正幸さんにお話を伺いました。古墳の墳丘や調査区の構造を3Dで見ることのできるバーチャルリアリティ端末の体験もありました。

2月(如月)
 
2月6日
ペルー総領事館の方が来館
ペルー総領事
企画展「アンデスの彩り」の視察に在名古屋ペルー共和国総領事館代理総領事がいらっしゃいました。
  2月13日
連続講座
関連講演
連続講座の第5回目は「北伊勢の戦国時代と城館」というテーマで三重県教育委員会事務局の竹田憲治さんにお話をお願いしました。中世城館についてはコアなファンが多いので追加申し込みの参加者も多く,約50名が熱心に聴講し,質疑応答も活発でした。
  2月26日
ミュージアムコンサート
コンサート
企画展にちなんでペルーの民族音楽のコンサートを行いました。100人を超える方に来ていただき,会場の展示ホールから人があふれるうれしい誤算となりました。演奏された「ウルピ・ターキー(鳩の歌)」さんは市内の学校を中心に活動しているボランティアグループです。
2月26・27日
民族衣装を着てみよう
民族衣装
これも企画展に関連して,ペルーの民族衣装(ケチュア族)を着て,記念撮影というイベントも行いました。小さい娘さんがターゲットだったのですが,意外と大人の方がノリノリでした。衣装は野外民族博物館リトルワールドのご協力によります。
   

1月(睦月)
 
1月13日
企画展準備
企画展準備
企画展「アンデスの彩り」の開梱・展示作業です。展示が進むにつれ,ケースの中にはいつもと一風異なった文化の風景が広がっていきました。
  1月22日
関連講演会
関連講演
「日本の考古学とアンデス文明-土器を中心にして-」というテーマで東京大学名誉教授・野外民族博物館リトルワールド館長 大貫良夫さんにお話をお願いしました。当館としては珍しいテーマですし,先生のファンも多いことから90名あまりの参加者でにぎわい,久しぶりに満員御礼の講演会となりました。
  1月26日
防火訓練
バケツリレー
文化財防火デーに合わせて,防火訓練を行いました。通報避難誘導訓練では,たまたま取材中のTVスタッフにも参加していただきました。写真は仕上げのバケツリレーです。
1月29日
とんぼ玉を作ろう
とんぼ玉
人気のガラス細工のとんぼ玉作りです。大きな玉を2個作って,小玉と合わせてストラップなどに仕上げていただき,皆さんご機嫌でお持ち帰りになられました。
   

12月(師走)

12月12日
博物館連続講座第3回
連続講座
浜松市の鈴木一有さんに「横穴式石室にみる古墳時代の地域秩序」という題でお話をしていただきました。保子里1号墳の主体も初期の横穴式石室ではないかという鋭い指摘が。
  12月13日
特別展撤収
撤収作業
特別展の撤収・梱包作業を行いました。準備には長い時間と手間がかかりますが,展示期間はあっという間に過ぎてしまいます。
  12月17日
現在の国分寺跡     
国分寺跡
伊勢国分寺跡整備にともなう整地工事(遺構保護土盛土)が始まっています。

11月(霜月)
11月1日
企画展撤収
企画展撤収
展示期間もあっという間に過ぎ,資料返却のための梱包作業を行いました。11日までに各地の博物館等へ返却に回ります。
  11月2日
特別展展示
展示作業
間髪をいれず特別展の展示作業に取り掛かります。資料の配置には細心の注意を払います。
  11月3日
関連講演会
展示作業
特別展にちなみ,奈良県立美術館の赤川先生に「悠久の時を経てめざめた仏たち-今,脇役が歴史を変える-」というテーマで講演していただきました。
11月9日
職業体験
職業体験
3日間,神戸中学校の生徒さんが職業体験ということで業務を手伝ってくれました。
  11月21日
連続講座
連続講座
博物館の連続講座の第2回目は名古屋市博物館の村木学芸員に弥生時代について「伊勢湾岸の環濠集落」と言うテーマでお話していただきました。
  11月28日
サポート会講演会
サポート会
博物館サポート会主催の講演会「大垣市の文化財の活用-国分寺跡・文教のまちの振興について-」が開催されました。。
11月28日
秋のハイキング
高岡台
高岡台の皆さんに見学と勾玉づくりの体験学習に立ち寄っていただきました。
 

10月(神無月)
10月17日
連続講座
連続講座
連続講座の第1回目が開催されました。田原市教育委員会の増山さんによる「貝塚人のくらし」で,多くのスライドを交えた具体的な話がわかりやすいと好評でした。
  10月20日
黒田小学校
黒田小学校
津市の黒田小学校5年生の皆さんが社会見学に訪れてくれました。まだ,歴史の授業は受けていないそうですが熱心に話を聞いてくれました。
 

9月(長月)
9月9日
企画展展示作業
展示
「須恵器-自然釉の妙-」の展示作業です。いつもながらの風景ですが,今回は美術的にも価値がある資料も多いため,より慎重に作業が進められています。
  9月18日
関連講演会
講演会
企画展に関連して,愛知県立熱田高校教頭の城ヶ谷和広さんに「須恵器から灰釉陶器へ」という題で講演していただきました。古代窯業についての幅広いお話をしていただけました。
  9月23日
万灯会
万灯会
観月ミュージアムコンサートを盛り上げていただくための,博物館サポート会の皆様による万灯の飾り付けです。夏休みの体験学習で作られた灯篭も参加しています。
9月23日
観月ミュージアムコンサート
万灯会
当日午前中まで雨でしたので,残念ながら屋外でのコンサートはあきらめ,講堂での開催となりました。江島若宮八幡神社の雅楽愛好会による演奏は立ち見もでる満員盛況でした。
  9月23日
企画展無料開放
企画展
観月ミュージアムコンサートに合わせ特別展示室で開催中の企画展を無料開放しました。また,月見団子の振る舞いも行いました。
 


8月(文月)
8月9日
神戸中学校移転
神戸中学校
神戸中学校の移転に伴い,資料の梱包に協力しました。移転後は新しい展示ケースに並べられるそうです。
  8月14日
虫かご作り
虫かご
夏休み子供体験博物館は例年通りの賑わいでした。虫かご作りは,大人気で会場のエントランスホールがいっぱいになりました。今年は梅雨の長雨のせいで麦わらが折れやすかったとのことで,少し苦戦している方が多かったです。
  8月18日
かご作りA
かご
巻き編みのかご作りです。
8月20日
古墳模型
古墳
発泡スチロールの薄板を等高線にそって切り抜いて,積み上げれば出来上がり。鈴鹿市の寺田山1号墳と松阪市の宝塚1号墳の1/500模型を作りました。
  8月23日
博物館実習
博物館実習
今年も3名の学生さんが参加しました。写真は資料の梱包ですが,説明の後ただちにロビー展示の撤収で実践してもらいました。
  8月25日
かご作りB
かご
こちらは網代編みのかごです。少し難しいかな。

7月(文月)
7月10日
神戸高校郷土史クラブの時代
神戸高校の時代
夏休み期間中のロビー展示です。懐かしい調査風景の写真をたくさん展示しました。
  7月23日
夏休み子供体験博物館
河曲っ子
今年も大人気です。今日は地元の河曲っ子チャレンジクラブが勾玉づくりに来てくれて,部屋がいっぱいになりました。
  7月31日
万灯づくり
万灯
今年初めての企画で,博物館サポート会の有志に講師を務めていただきました。完成品は9月の観月コンサートに持ち寄っていただく予定です。

6月(水無月)
6月12日

寺院官衙シリーズ
今年度の寺院官衙シリーズは奈良大学の坂井秀弥教授に「古代の地方の役所-最近の調査成果から-」という題でお話していただきました。
  6月15日
資料調査
資料調査
11月開催の特別展の資料調査もすでに始まっています。本日は,三重県立博物館へせん仏・押出仏の調査にお伺いしました。
  6月21日
古事記学会見学
古事記学会
皇學館大学で開催された古事記学会の参加者が倭建尊の足跡をたどる見学会に来られました。あいにくの天候で鈴鹿山脈や養老山地そして伊吹山の眺望は望めませんでした。

5月(皐月)
5月7日
出前授業
出前授業
 栄小学校への出前授業です。地元から出土した磯山銅鐸のお話のあと,勾玉づくりというメニューでした。
  5月12日
資料調査
資料調査
秋の企画展の資料調査が始まりました。まずは,石川県加賀市の法皇山横穴群資料館に行ってまいりました。
  5月16日
スライド説明会
伊勢国府跡スライド説明会
 速報展に関してのスライド説明会の第2弾は伊勢国府跡です。方格地割の復元や位置づけについてかなり突っ込んだ内容の話でした。

4月(卯月)
4月13日
市職員の新人研修
新人職員研修
鈴鹿市に採用された35名の職員が博物館の見学にやってきました。なんと1名は考古博物館に配属されます。
  4月16日
社会見学
内部小学校
今年度も社会見学の第1号は四日市市内部小学校の99名でした。
  4月17日
博物館サポート会総会
サポート会
考古博物館サポート会の総会に引き続き,松阪市埋蔵文化財センターの和氣さんによる「国史跡天白遺跡の整備と活用」についての講演が一般公開で行われました。
4月24日
第1回 スライド説明会
スライド説明会風景
開催中の速報展に関連して、スライド説明会「須賀遺跡」を開催しました。
   

博物館あれこれバックナンバー
ホームページに戻る