博物館あれこれ

■平成19年度

4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月

3月(弥生)
3月14〜20日
速報展展示作業
特別展示室の様子
3月22日スタートの速報展に向けて、約1週間で入れ替えました。
3月23日
寺院・官衙シリーズ講演会
満員の講堂
三重大学人文学部教授の山中 章先生に「鈴鹿関と伊勢国府」をお話しいただきました。
3月27日
春の訪れ
良い香りが漂います
良い陽気になってきました。博物館西にある木瓜(ボケ)の花も満開を迎えています。

2月(睦月)
2月9日
雪景色の博物館
一面の銀世界
午前中から大きなボタン雪が降り始め、午後には博物館の周辺も真っ白になりました。
2月16日
企画展関連講演会
講演会風景
「三重県史編さんと資料保存について」という題で、吉村利男さんにお話しいただきました。
2月21日
梅の季節
博物館西の梅の木
博物館の梅が咲きはじめました。だんだんと暖かい日も増えてきました。

1月(睦月)
1月12日
企画展開始・講演会
講演会「考古の社会史」
企画展「石棒・和同開珎から鈴鹿海軍備品まで」がスタート。講演会の講師は小玉道明先生でした。
1月20日
歴史講座「第6回」
修了証書贈呈式
最終回の今回は、岩脇彰先生による講義「三重県内の戦争遺跡」と閉講式・座談会を執り行いました。
1月26・27日
体験講座「とんぼ玉」
皆さん、真剣に取り組みます
ガラス棒をバーナーで溶かして、とんぼ玉を作りました。講師は藁屋の安藤先生・寺田先生です。

12月(師走)
12月1日
「自然素材でかご作り」
午後の部の皆さん
昨年に続き、フジのツルでかごを作りました。講師は藁屋の寺田先生です。
12月2日
第2回ミュージアムコンサート
〜よしが奏でる自然の調べ〜
滋賀県の菊井さん・近藤さんによる、よし笛コンサートです。「ふるさと」や「千の風になって」などを演奏されました。
12月3日
特別展撤収作業
「文字を記す−硯と墨書−」撤収
2日で特別展が終了したため、撤収作業を行いました。4日から返却に向かいます。

11月(霜月)
11月4日
「万葉の植物をたずねて」
お天気にも恵まれました
菅原神社まで散策しながら、万葉の植物について学びました。講師は桐生定巳さんです。
11月11日
「墨・和紙で遊ぼう」
先生の指導中
水墨画家の直魅さんをお招きして、ワークショップを開催しました。たくさんのお客さまで賑わいました。
11月18日
歴史講座「第4回」
伊勢国分寺跡にて
現地研修ということで、バスで伊勢国分寺跡・白鳥塚1号墳・伊勢国府跡を訪れました。

10月(神無月)
10月初旬
伊勢国分寺 花伽藍
国史跡 伊勢国分寺跡
伽藍配置に沿って植えられた花が見頃を迎えています。3階展望デッキからもご覧いただけます。
10月14日
鈴鹿墨実演会・体験講座
にぎり墨を体験中
鈴鹿墨伝統工芸士の伊藤忠さんをお招きして、墨作りの実演会とにぎり墨体験講座を行いました。
10月21日
歴史講座「第3回」
講堂での勾玉作り
今回の内容は、常設展・特別展「文字を記す−硯と墨書−」の見学と勾玉作りでした。

9月(長月)
9月3・4日
企画展撤収作業
剥製の梱包作業
9月2日で終了した企画展を撤収しました。この後、借用先へ返却に出かけます。
9月27日
特別展展示作業
パネルを貼る様子
29日開始の特別展「文字を記す−硯と墨書−」の展示作業を行いました。
9月29日
特別展開始・講演会開催
「古代東アジアの硯」
特別展関連講演会を行いました。講師は奈良文化財研究所前副所長の川越俊一先生です。

8月(葉月)
7月31日〜8月5日
学芸員実習
土器を接合しています
学芸員資格取得のための実習です。大学生が発掘や整理作業など、様々なことを体験しました。
8月5・19日
「博物館ガイドツアー」
「まるで生きているみたい!」
魚の剥製の製作者、河野さんによる展示解説がありました。蟹の剥製のプレゼントに子ども達も大喜び。
8月5・9日
ベルディ登場
人気者のベルディ
企画展に合わせて、鈴鹿市のマスコット“ベルディ”が博物館にやってきました。子ども達に大人気。

8月11・15・25・29日
「かごを編む」
あじろ編みのかご
今年は“あじろ編み”と“巻き編み”の2種類のかご作りを体験していただきました。
8月18日
「縄文時代の布(アンギン)」
アンギンを体験
アンギンでコースターを作りました。少し難しかったけれど、みんな頑張りました。
7月21日〜9月2日
サポーターさん、大活躍
土笛作り
夏休み期間中、ボランティアとして子ども達を丁寧に指導してくださいました。ありがとうございました。

7月(文月)
7月1日
スライド説明会「境谷遺跡」
説明会の様子
弥生〜奈良時代の住居跡がたくさん見つかった境谷遺跡について、スライドで説明しました。
7月8日
「歴史講座」第1回
満員の講堂
「歴史講座」第1回が開催されました。縄文時代の暮らしについて、当館職員が講義を行いました。
7月8・9日
速報展撤収作業
特別展示室
8日で速報展が終了しました。今回は当館所蔵資料ばかりなので、自分たちで撤収します。

7月12・13日
企画展展示作業
特別展示室
14日から始まる企画展「どうぶつたちがやってきた」の展示作業を行いました。
7月14日
企画展開始・講演会開催
「馬形埴輪発見!−石薬師東古墳群の発掘調査より−」
展示中の馬形埴輪の調査を担当された服部芳人先生(四日市市教育委員会)にお話いただきました。
7月29日
「親子でわらじ作り」
わらじ作り
21日から「夏休み子ども体験博物館」がスタート。岩崎先生の指導のもと、素敵なわらじができました。

6月(水無月)
6月2日
企画展パンフレット用写真撮影
撮影風景
7月14日から始まる企画展の準備で、当館所蔵の埴輪を屋外で撮影しました。
6月10日
スライド説明会「平田遺跡」
解説中
古代の道路や住居の跡が見つかっている平田遺跡の最新成果を、スライドを用いて説明しました。
6月23日
鈴鹿回生病院での展示作業
パネル設置
6月25日〜7月6日にかけて、病院敷地内の保子里遺跡・保子里古墳群から出土した遺物を貸出・展示させていただきました。
5月(皐月)
5月13日
講演会 入門講座
「遺跡からみた室町・戦国の人々」
三重県埋蔵文化財センターの竹田憲治さんを講師にお招きしました。
5月20日
「国際博物館の日」記念事業
考古ラボ
観覧料無料で、たくさんのお客さまに来ていただきました。
5月27日
スライド説明会「伊勢国府跡」
瓦に触れる
近年の調査成果をスライドでご紹介。伊勢国府跡から出土した瓦にも、実際に触れていただきました。

4月(卯月)
4月2日
新年度スタート
桜と博物館
博物館の桜も満開です。
4月13日
市職員の新人研修
見学中
速報展「発掘された鈴鹿2006」を見学中。
4月14日
「県民の日」記念行事
常設展示室
「県民の日」にちなみ博物館を無料開放しました。たくさんのお客さまで賑わいました。

4月19日
飯野小学校出前授業
授業中
勾玉作りと火おこしの授業を行いました。
4月20日
学校の見学
勾玉づくり
今年度最初のお客さまは、内部小学校さんです。
4月22日
スライド説明会「西川遺跡」
スライド説明中
西川遺跡では、古代の掘立柱建物や瓦を焼いた江戸時代の達磨窯などが見つかっています。

博物館あれこれバックナンバー
ホームページに戻る