発掘ニュース
平成17年度7月

8月5日更新

白鳥塚古墳
石薬師町字北松塚
 調査は終了しました。調査の結果,全長80m,後円部径64m,高さ9m,前方部幅27m,長さ15.5mの帆立貝式古墳であることが判明しました。築造年代にも諸説ありましたが,出土した埴輪類から5世紀前半と確定しました。7月30日には現地説明会を開催し,170名の方にご参加いただきました。現地説明会の資料はこちら(PDFファイル1,924kb)からどうぞ。

現地説明会の様子
伊勢国分寺跡
国分町字堂跡
 史跡等保存修理に伴う伽藍配置確認のための調査です。今年度は引き続き塔跡の有無を確認するため,国分寺伽藍地の南東院の中心部を面的に調査することにしました。

博物館から見た調査区

過去のニュース収蔵庫  現地説明会資料収蔵庫

ホームページに戻る