発掘ニュース
平成17年度4月

5月10日更新

平田遺跡(6次)
平田本町一丁目
 個人住宅建築に伴う調査です。調査地は大形掘立柱建物が見つかった地点のすぐ西側です。東から続いていた中世の大溝が調査区内で南に90°曲っていることが確認できました。
 その他,多数のピットや平安時代末ぐらいの土坑が見つかっています。大形掘立柱建物の脇殿にあたる建物は残念ながら見つかりませんでした。

調査区全景
平田遺跡(7次)
平田本町一丁目
 個人住宅建築に伴う調査です。調査地は1次調査で確認された方形に堀を巡らせた中世の館の一部にあたります。時期不明の竪穴住居1棟のほか,古墳の周溝らしきカーブした溝,中世の掘立柱建物に伴うと思われる柱穴と堀の一部が見つかりました。

調査区全景
長法寺遺跡(2次)
長法寺町字権現
 特別養護老人ホーム増築に伴う発掘調査です。平成9年に行なった隣接地の調査では。弥生時代中期頃の方形周溝墓群が見つかっています。
 まだ表土除去が終わった段階ですが,方形周溝墓とみられる溝状の落ち込みがぼんやりと現れています。調査は6月末〜7月上旬ごろまで行う予定です。

遺跡から西側の谷を望む
白鳥塚1号墳
石薬師町
古墳の規模確認のためのトレンチ調査です。墳丘の東側3ヵ所にトレンチを入れて,古墳基底のラインを確認しているところです。

トレンチ

過去のニュース収蔵庫  現地説明会資料収蔵庫

ホームページに戻る