発掘ニュース
平成12年度 11月 12月 1月 2月 3月
2/5更新
広瀬町長者屋敷遺跡(伊勢国府跡)
現地説明会は平成13年2月4日(日)午後2時から実施しました
説明会には120人の人が見学に訪れました。多数の参加ありがとうございました。このあと、柱穴の断ち割りなどの調査が終わり次第、保存のため埋め戻します。
現地説明会資料 AdobePDFファイル(224kb)    閲覧にはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。

みなさん熱心に説明を聞いていらっしゃいました。
 

CNSさんが取材に見えました。いつ放送されるのでしょうか?

2月2日、長者屋敷遺跡の案内板が立ちました。

上野町一反通遺跡
個人住宅の建設に伴い、試掘調査を実施したところ、弥生時代の溝が確認されました。そこで急遽、建物が建つ箇所について発掘調査を実施しました。一反通遺跡はこれまでの調査で弥生時代の溝がいくつか確認されています。今回の調査では弥生時代後期の溝と竪穴状遺構によって壊された弥生時代前期の溝が確認されました。後期の溝からは多くの土器が出土しました。砥石なども出土しています。
 

「サブトレ掘ってます!」

調査員総出の現場となりました。

中央に後期の溝、右隅に竪穴状遺構と前期の溝

調査終了後埋め戻しました。

国府町梅田遺跡
現場での調査は終了しました。現在遺物の洗浄、注記も終わり、復元作業に取りかかっています。復原した遺物は速報展で展示します。

欠けているところを補い、削って形を整えます。

青磁の四耳壺の見事な復元!

河田町河田宮之北遺跡
三重県埋蔵文化財センターによる発掘調査は終了しました。ご厚意により、出土した木製品を掲載させていただくことになりました。
 

類例を探しているそうです。もしお心当たりあるの方は三重県埋蔵文化財センターまでご一報を!!

十宮町宮ノ前遺跡・八重垣神社遺跡
河田宮之北遺跡に続き、三重県埋蔵文化財センターによって発掘調査が始まりました。宮ノ前遺跡と八重垣神社遺跡は道を挟んで隣接しています。古墳時代の竪穴住居や中世の溝等が確認されています。

宮ノ前遺跡です。

八重垣神社遺跡です。

過去のニュース収蔵庫  現地説明会資料収蔵庫

 平成13年2月のニュース

ホームページに戻る