発掘ニュース
 位置情報URLはおおよその位置を示すものです。地理院地図(電子国土Web)にリンクしています。
2月1日更新
石丸野古墳
鈴鹿市国府町字石丸
 お正月には石碑のところに人知れず鏡餅とお神酒がお供えされていました。単なる遺跡というだけでなく"富士山さん”として地元の方々の信仰の対象になっていることがわかります。1月中は主に墳丘の測量を行いました。墳丘は過去に土取りによって前方部を失ったとされていますが,その部分も丸く整えられていて,”富士山さん”としてかなり手が入れられているようにも感じられます。

測量作業(東から)

伊勢国府跡(長者屋敷遺跡第30次)
鈴鹿市広瀬町
遺跡への経路:古河電気工業の東側,かつ金藪の森の西270m
位置情報URL:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=34.889948&lon=136.494283&z=15&did=std&crs=1
調査の種類:本調査
調査原因:学術調査
調査期間:平成26年1月15日〜平成26年3月31日
調査面積:100u(予定)
主な遺構:ピット
主な遺物:なし
見  頃:未定
現地説明会:未定
 方画地割の北西隅にあたる部分の区画溝等の有無を確認するための調査です。この調査地は,東西大溝と掘立柱建物・竪穴住居群が確認された第17次調査区から,金藪に対して西側に折り返した地点にあたります。幅1m・延長100mのトレンチを設定しましたが,ピット1基を除けば,期待された東西大溝や南北の地割溝は確認できませんでした。

作業風景(東から)

見つかったピット

一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る