発掘ニュース
 位置情報URLはおおよその位置を示すものです。地理院地図(電子国土Web)にリンクしています。
12月1日更新
狐穴遺跡(第2次)
鈴鹿市西条三丁目
遺跡への経路:愛宕神社の北西約100mです。
位置情報URL:http://portal.cyberjapan.jp/site/mapuse4/?lat=34.881041&lon=136.569856&z=15&did=std&crs=1
調査の種類:本調査
調査原因:長屋建築に伴う緊急調査
調査期間:平成25年11月1日〜平成25年11月11日
調査面積: 127u
主な遺構:ピット・土坑・溝
主な遺物:山茶碗
見  頃:終了しました。
現地説明会:実施しません。
 小規模な調査を実施しました。狐穴遺跡では調査地の北西約50mの地点では,宅地造成に伴い鎌倉時代の掘立柱建物と古墳時代の小石室を持つ円墳が見つかっています。しかし今回の調査では40基余りの小さい柱穴と土坑・溝が見つかったのみで,柱穴も建物としてのまとまりを見い出せませんでした。

遺構検出状況(西から)

調査区全景(北西から)
磐城山遺跡(第6次)
鈴鹿市木田町
 礎石立ちの建物の柱跡が確認されたほか,方形の配石土坑(土壙墓?)も見つかり,中世遺跡としての成果も充実してきました。

礎石の根石の詰まった柱跡

方形の配石土坑
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る