10月1日更新
磐城山遺跡(第5次)
鈴鹿市木田町
 竪穴住居が次々と検出されてきます。同一箇所で5回以上建て替えられたものもあります。珍しい遺物として古墳時代の滑石製模造品(剣形?)が出土しました。。

竪穴住居床面の精査

奥が掘りあがり,手前が検出状況。
木曽田遺跡(第2次)
国府町
 中世の遺構を次々と掘り上げ,第1区の調査を終えました。しかし,月末に予定していた航空写真の撮影は台風のため延期となりました。
 焼けた骨の詰まった配石を伴う土坑も見つかっています。火葬墓でしょうか?

1区全景(清掃中)

骨出土土坑の半裁
釜垣内遺跡(第3次)
小岐須町
遺跡への経路:県道鈴鹿公園長沢線を小岐須方面へ,新名神建設予定地の手前左手
位置情報URL:http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.45404687431&latitude=34.949701899185
調査の種類:本調査
調査原因:新名神高速道路建設用仮設道路の建設に伴う緊急調査
調査期間:平成24年9月2日〜平成24年10月5日
調査面積:306u
主な遺構:溝・ピット・土坑
主な遺物:なし
見  頃:終了しました
現地説明会:実施しません
 三重県埋蔵文化財センターが本調査を行っている釜垣内遺跡第2次調査区の南に隣接しています。調査区の各所に巨大な風倒木痕が見られます。検出された遺構はピット・溝等ですが遺物が伴わず性格は不明です。

風倒木痕
調査区全景
境谷遺跡(第3次)
国分町
遺跡への経路:主要地方道四日市鈴鹿環状線,国分交差点を高岡台方面へ300m
位置情報URL:http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.57576385048&latitude=34.908551735486
調査の種類:本調査
調査原因:市道拡張工事に伴なう緊急調査
調査期間:平成24年9月3日〜平成24年9月7日
調査面積:100u
主な遺構:溝・土坑・古墳周溝
主な遺物:須恵器,円筒埴輪,形象埴輪
見  頃:終了しました
現地説明会:実施しません
 道路の拡幅部分2か所にトレンチ状の調査区を設けました。1区は重機による撹乱を受けていましたが,古墳の周溝の一部を検出しました。遺跡地図における富士山4号墳に伴うものと思われます。周溝には埴輪片と転落した葺石と思われる礫が堆積していました。2区からは溝,土坑を検出しましたが,遺物を伴わず性格は不明です。

古墳周溝

周溝断面
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る