8月1日更新
磐城山遺跡(第5次)
鈴鹿市木田町
 まだ,調査区の一部を掘っただけですが,弥生時代後期と古墳時代の竪穴住居が重なり合って十数棟確認されています。

須恵器甕の出土

竪穴住居を掘る
木曽田遺跡(第2次)
国府町
遺跡への経路:主要地方道鈴鹿亀山線,鈴鹿国府郵便局の向い側
位置情報URL: http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.51269444471&latitude=34.854048508541
調査の種類:本調査
調査原因:中学校建設にかかる緊急調査
調査期間:平成24年7月4日〜平成24年11月30日(予定)
調査面積:6,672u
主な遺構:溝・ピット
主な遺物:土師器・須恵器・山茶碗
見  頃:未定
現地説明会:未定
 本格的な調査が始まりました。溝多数と中世の建物らしきピットのほか井戸も見つかっています。

遺構検出状況

井戸跡の検出
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る