4月1日更新
門山遺跡(第3次)
平野町
 3月12日をもって発掘調査が終了しました。調査の結果,古墳時代前期の墳丘墓2基・竪穴住居2棟のほか井戸7基・溝・土坑・柱穴を確認しました。墳丘墓の南辺周溝からは供献土器と思われる二重口縁壺2点のほか土師器甕などがまとまって出土しました。平野城関連では調査区西辺に平行する南北方向の堀を検出しています。

二重口縁壺1

二重口縁壺2

台付甕など土師器が出土

周溝と土師器
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る