発掘ニュース
 位置情報URLはおおよその位置を示すものです。国土地理院地図閲覧サービス(ウォッちず)にリンクしています。
 
2月4日更新
平田遺跡(第22次)
鈴鹿市平田本町一丁目
 調査はほぼ終了しました。主な遺構としては幅9mの大溝,古墳時代の周溝状遺構が見つかっています。大溝は調査を進めた結果,7〜9世紀頃のものとみられます。これまでの調査でも確認されている中世の居宅の区画溝の続きも確認されました。また,縄文時代後・晩期の石器・土器がまとまって出土する柱穴や土坑が多く,今後の分析では住居としてまとまる可能性があります。

調査区全景(空撮)

古墳時代の溝完掘
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る