発掘ニュース
 位置情報URLはおおよその位置を示すものです。国土地理院地図閲覧サービス(ウォッちず)にリンクしています。
 
平成20年8月分
9月1日更新
伊勢国分寺跡(第35次)
鈴鹿市国分町字堂跡
 講堂基壇の調査はほぼ終了しました。創建時のものと思われる台形からなる基壇化粧(外装)の基底と,改修時のものと思われるや瓦類を雑然と積み上げた基底が重なるように見つかりました。
 8月18日からは新たに北東院・小院の調査に着手しました。

検出された基壇東半

博物館実習で体験発掘
石薬師東遺跡(第15次)いしやくしひがしいせき
鈴鹿市石薬師町いしやくしちょう
遺跡への経路:三重県消防学校の東約0.4km
位置情報URL:http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=345408&l=1363330
調査の種類:本調査
調査原因:個人住宅建築に先立つ発掘調査
調査期間:平成20年8月7日〜平成20年8月8日
調査面積:15u
主な遺構:掘立柱建物
主な遺物:なし
見  頃:終了しました。
現地説明会:終了しました。
コメント:
 戦前の記録によれば古墳が存在した(石薬師東10・11号墳)付近の開発であるため範囲確認調査を行いましたが,古墳の周溝は確認されませんでした。しかし,建築予定地の一角で掘立柱建物の柱穴が見つかりましたのでその範囲のみ拡張して発掘調査を行いました。建物は南北2間×東西2間以上の東西棟とみられ,柱間は1.5m弱と小形のものです。柱穴や周囲からも遺物が出土しませんでしたので詳しい時期は不明です。

掘立柱建物
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る