発掘ニュース
 位置情報URLはおおよその位置を示すものです。国土地理院地図閲覧サービス(ウォッちず)にリンクしています。
 
平成20年6月分
7月1日更新
八重垣神社遺跡やえがきじんじゃいせき
鈴鹿市十宮町とみやちょう
遺跡への経路:木田橋から県道四日市鈴鹿環状線を南に300m,東に入ってすぐ。
位置情報URL:http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=345338&l=1363431
調査の種類:本調査
調査原因:学校建設
調査期間:平成20年2月22日〜平成20年7月3日
調査面積:約6,000u
主な遺構:河道・溝・方形周溝墓・土器棺墓・掘立柱建物・竪穴住居
主な遺物:弥生土器・石器・須恵器・土師器・木製品
見  頃:終了しました。
現地説明会:6月28日に開催しました。
コメント:
 6月19日に空中写真撮影を行い調査はほぼ終了しました。6月28日に現地説明会を開催したところ90名あまりの方に参加していただきました。現地説明会資料はこちら(PDFファイル1.2MB)からどうぞ。

復元された沈線紋系土器

現地説明会のようす。
長者屋敷遺跡(伊勢国府跡24次)
鈴鹿市広瀬町
 農地の土壌改良事業に先立つ緊急調査です。調査地は,伊勢国府政庁の北側で,一辺120mの溝・土塁に区画された方格地割の南西の区画(仲土居南)に当たります。
 これまでに調査地の北側で学術調査が,南側で緊急調査が実施されています。その結果から,方格地割西辺の区画溝が見つかることが予想されていましたが,そのとおり2条の溝が見つかりました。その他,地割の中央をさらに区画するような南北溝も見つかっています。瓦は出土していますが,建物跡はいまのところ見つかっていません。

方格地割西辺の溝(南から)
一般収蔵庫(過去のニュース)
特別収蔵庫(現地説明会資料)
ホームページに戻る